AGA

薄毛対策には髪の洗い方が重要?

 

 

髪の毛が抜けるのが嫌で、髪を洗うのは恐る恐る……なんてシーンは漫画などではたまにあります。が、抜けるはずのものを残してしまうと、余計に頭皮のコンディションを悪くします。

 

次に新しい髪が生えてもらうために、涙をのんでさよならしましょう。

 

髪の毛を洗う目的はいくつかあります。「髪や頭皮についた汚れを落とすというのは」、もちろん、そのひとつです。

 

また、薄毛対策ということでは、「単に汚れを落とす」だけではなく、「毛穴の目詰まりをスッキリさせる」ということ強く意識しましょう。また、「マッサージすることで、血行をよくし、毛根や毛母細胞にも栄養を行き届かせる」といったことも大事になります。

 

シャンプー選びから、しっかりやりましょう。洗浄力が高いシャンプーがいいシャンプーではありません。皮脂は一定量は頭皮の保護のために必要です。

 

また、善玉菌といって、頭皮の環境を整える細菌も住んでいます。これを全滅させてもいけません。

 

程よい洗浄力のものが必要なのです。

 

また、少々高くても自然素材が中心で出来ているものがいいでしょう。合成のものは一回ごとは小さくても、ダメージが蓄積するようです。

 

で、シャンプーは正しく使いましょう。

 

先にお湯や水だけで予備洗いをして、ざっと汚れは落としておきます。で、そこへ直接シャンプーをふりかけてもいけません。必ず手のひらにとり、そこで泡立ててから髪につけます。

 

ゴシゴシやらないようにしましょう。使うのは指の腹だけです。つめを立てるのはNGです。

 

すすぎは十分に。シャンプーの成分が毛穴の奥などに残っていたら、それがダメージを引き起こします。