AGA

薄毛とアルコールの関係って?

 

 

髪の毛関連の話に限らず、よく「お酒も適量ならば、体にいい」なんて話をする人がいます。

 

たしかにこれは本当にです。髪の毛にも悪影響はありません。

 

が、この話は飲兵衛たちにあまりに都合良く使われています。「適量」というのは、この人たちが考えているよりも、おそらくはかなり少ないでしょう。

 

たとえば、ビールならばせいぜいが中ビン一本です。日本酒では1合です。

 

このレベルで抑えられるのならば、ストレスの解消にもなりますので、髪の毛にもプラスに働くでしょう。

 

が、これを超えるようならば、マイナスが上回るようになります。

 

体内に入ったアルコールを分解するために、多くの栄養素が浪費されます。ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸などです。これらは、髪の毛を作るためにも必要なものです。

 

たとえば、髪の毛の主成分はたんぱく質です。これはアミノ酸がつながってできています。

 

また、お酒と共にとるおつまみにも問題が見られます。

 

多くの場合、味が濃かったり、脂(油)のこってりしたものでしょう。肉料理も定番のメニューです。

 

これらは皮脂の分泌量を増やします。皮脂は一定量はお肌の保護のために必要です。が、それを超えると、毛穴を詰まらせることになり、髪の毛のコンディションを悪くします。

 

もし、飲むのであれば、ビールよりも日本酒やワインがいいでしょう。とくに赤ワインです。

 

これには大量のポリフェノールが含まれています。抗酸化作用があるだけではなく、血管の柔軟性も保ってくれます。どちらもが、頭皮の若々しさの維持に貢献してくれます。

 

もちろん、これにも適量があります。グラス二杯程度までです。