AGA

AGAと健康

 

かつては、「若ハゲ」というと、養毛剤の類ぐらいしか対策はなかったでしょう。

 

やがて「植毛」なんて手段も出てきました。が、今でも一般的ではありませんよね。手術の一種ですから、強い抵抗感があるのは当然でしょう。

 

今は、薄毛治療もどんどん進化しています。また、それらを専門にやるクリニックもできました。「薄毛だからといって、まだあきらめなくてもいい」なんて状況ができてきたといえるでしょう。

 

が、問題がないわけではありません。けっこうな費用がかかります。

 

薄毛治療には健康保険が利きません。また、診察料などもクリニックが自分で決めていいことになっています。つまり、病気などと違い、費用は全額負担で、しかもいくらになるかは国が決めていないのです。

 

さらに、この治療はどうしても数か月単位で考えないといけないでしょう。何度も通院し、そのたびにお金がかかります。

 

ある程度の納得のいく成果が出るまでには、数十万円、あるいはそれ以上ということは覚悟しておきましょう。

 

このAGAは男性ホルモンの影響による薄毛をいいます。が、それ以外にもたくさんの原因があります。もちろん、自身の薄毛の原因もひとつとも限りません。

 

だいたい、お肌の衰えと原因が共通します。頭皮も皮膚の一部ですから、当然ですね。

 

これらはどこか体の一部のトラブルというよりも、全体的に健康が失われていたり、老化が進んでいることから起こります。

 

たしかに、クリニックの治療で一時的には薄毛が改善するかもしれません。が、これらの健康の問題や老化を放置しておくと、また元の状況に戻るのはあまりに当たり前のことです。そうしたらまた、余分な出費になるでしょう。